糖尿病の食事 効果的に続ける方法」へようこそ。



糖尿病の食事療法は必要なことがわかっていながら、1年365日で見なくてはならないため、なかなか実行できないことのひとつです。

糖尿病の食事


治療のため無理に食生活を変えていくのではなく、今の自分の生活スタイルを考えながら、自分らしい食事をどう組み立てていったらよいのか。

いつまでも楽しく効果的に続けるためには、何を知っておかなければいけないのか。

そのようなことを中心に、日々の糖尿病の食事メニューを考えるにあたっての注意点や、見落としがちなポイントも含め、読みやすくまとめてみました。


当サイトは不定期に更新しますので、よろしければ「お気に入り」に入れておいてください。


スポンサーリンク


 

食事療法の目的~カロリー制限だけでは不十分


糖尿病の治療は「血糖値を継続的に良好な状態に維持して、健常者と変わりない生活をおくれるようにする」ことと、「合併症の発症や悪化を防止する」ことを目的として、行われます。

(糖尿病の全体像については、姉妹サイト「糖尿病 3分で知る症状・治療・予防」 をご参照下さい。)


国内の患者数が潜在患者を含めると2,200万人超とも推定されるなか、食事療法は、運動療法とともに治療の中核に位置づけられてきました。

その目的は「代謝機能をできるだけ正常に近づけ、合併症の発症・進行を防ぐ」ことにあります。


ご存知のように、糖尿病は「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分かれており、日本人の9割以上を占めるのは、「2型糖尿病」です。

日本では全体の5%に満たない1型糖尿病では、まず第一に「血糖値のコントロール」に治療の主眼がおかれます。

注射によるインスリンの補充が主な治療になり、食事も発症前と比べて制限されることはほとんどありません。


それに対し、生活習慣の乱れや加齢がその発症に深く関わってくる2型糖尿病においては、エネルギーコントロールを中心とした体重管理(すなわちインスリン抵抗性の改善)と食事の栄養バランス改善を中心に据えた食事療法が展開されてきました。


このうち「摂取エネルギー量の調整による体重管理」というのは、なんとなくイメージしていただけると思いますが、見落としがちなのは2つ目の「食事の栄養バランス改善」です。

ちまたでは「食事の糖分さえ減らせば糖尿病はよくなる」との説もよく聞かれますが、「単なる摂取カロリーの総量制限」と「バランスを欠いた栄養摂取」は、明らかに異なるものです。

 

血糖値のコントロールからみた摂取量・回数・食事時間


糖尿病の食事療法においては、まず「1日の摂取エネルギー量」が設定されます。


これは個々の患者の生活実態にあわせ、以下の(1)~(3)の手順で算出した数値を目安に決められます。

ただし算出後の数値には、通常±100kcal程度の誤差は認められます。


(1)標準体重の計算(以下算式による)

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22


(2)(1)の標準体重×以下に該当する「身体活動量(kg)」

・デスクワークなどの軽作業者 25~30kcal/kg(標準体重)
・立ち仕事の多い作業 30~35kcal/kg(標準体重)
・力仕事の多い作業 35~kcal/kg(標準体重)

(3)生活実態や年齢・肥満度、身体活動量などに配慮した微調整を加える


カロリー(kcal)は、食物の摂取によって発生するエネルギーの単位です。

これを現在の1日あたりの摂取エネルギー量と照らしあわせて、全体の栄養バランスに配慮しながら調整していくことになります。

注意してほしいのは、糖尿病の食事療法は決して「単純な食事制限」とイコールでは無いということです。


たとえば一日3食を2食にするなどして食事の回数を減らすと、どうしても一日3食分の量を2回で摂ることになりがちです。

こうなると体内に入ってくる一回あたりの食事量も多くなり、食後血糖値が急上昇しやすくなると同時に、高血糖の状態も長く続くことになります。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

カテゴリ


関連サイト

  • 糖尿病の薬とその種類 基本が知りたい
  • 糖尿病と運動 実行のポイントとコツ
  • 脂肪肝の症状と治療 食事療法と運動
  • 脳梗塞の前兆と症状~予防・治療の概要を知る
  • 内臓脂肪 減らすためのコツと急所
  • 高脂血症、何が問題か~原因と治療(薬・食事・運動)


  • 本サイトの情報提供について

    本サイト「糖尿病の食事 効果的に続ける方法」は、糖尿病の食事および糖尿病食とその減らし方に関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

    プライバシーポリシー

    本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

    TOPPAGE  TOP